“型枠大工”とは?

住み良い街づくりに欠かせない仕事、それが「型枠大工」です

住み良い街づくりに欠かせない仕事、それが「型枠大工」です

皆様は型枠大工と聞いて、どんな仕事か、ご存知ですか?
実は、私たちの生活に非常に密着した仕事です。
ここでは、そんな型枠大工の説明と魅力をお伝えいたします。

型枠大工とは?

型枠大工とは?

型枠大工とは、鉄筋コンクリートで建物を建造する際に必要となる型枠をその場で組み立て、コンクリートを流し込み、成型していく仕事です。戸建住宅などの木造住宅を作る大工ではなく、スーパーやコンビニといった鉄筋コンクリート造の専門です。型枠といっても、外壁や柱、梁、内壁、床と様々な種類が存在し、大型の建造物を建築する場合は、作業に1年弱かかる場合もあります。
型枠大工の仕事は、一人前になるのに10年かかるとも言われるほど、非常に精密さを求められます。一般的には垂直精度±3mmが許容範囲と言われており、その精密さこそが強度や出来栄えに大きな影響を与えます。世界的に見ても、日本の型枠大工の精密さはかなりレベルが高いと言われています。

型枠大工の魅力

大型建築物を建造するうえで、欠かすことのできない仕事です

大型建築物を建造するうえで、欠かすことのできない仕事です

私たちの生活に欠かせないビルや学校や病院のような建物は鉄筋コンクリートで作られています。
では、鉄筋コンクリート造の建物は、どのように作られているかご存知ですか?
実は鉄筋コンクリート造の建物は、すべて型枠大工が型枠をその場で組み立て、その中にコンクリートを流し込んで成型しています。
なかなか耳にする機会はないかもしれませんが、人々の生活に密接に関わるお仕事なのです。町を歩くたびに、自分自身が携わった建造物を目にすることができるため、仕事の達成感は格別です。

毎回、最適な型枠を考えるため、日々成長を実感できる仕事です

毎回、最適な型枠を考えるため、日々成長を実感できる仕事です

型枠といっても、常に同じ型枠を組み上げるわけではありません。
パーツの種類はもちろんのこと、建てる建物の大きさによっても、型枠の形や大きさは毎回異なります。そのため、案件ごとに毎回最適な型枠を考える必要があり、日々新しい発見があります。一般の大工に比べ、仕事における自由度が高いため、大きなやり甲斐を感じられるでしょう。

現職の型枠大工さんが説明するこの仕事の概要

木造の建物を作る際、大工さんが木材を切ったり、削ったり、組んだりして作っていきます。では、コンクリート製の建物は、どうやって作られるのでしょうか。
コンクリート製の建物を作るには、まず、建物の形に合った型を作り、組み立てていきます。
そして、まだやわらかいコンクリートを型に流し込み、その後、固まったのを確認して型を外します。これを繰り返すことによって建物が完成していきます。
型枠工事とは、建物の形に合った型を加工場で作り、それを現場で組み立て、コンクリートが固まった後、型を外す。この一連の作業を型枠工事といいます。
つまり、コンクリート製の建物にとって、その形(デザイン)を決定付ける最も重要な作業といえ、豊富な経験と洗練された高い技術が必要とされています。

型枠工事の流れ

STEP1

下拵え

建物の設計図に合わせて、
加工場で型枠を作っていきます。

STEP2

墨出し

現場で建物の柱の位置や壁の位置を出し、墨を打っていきます。建物の高さの基準となるレベルを出します。

STEP3

型枠の組立

加工した型枠を現場に搬入し、出した墨に合わせて枠を組み立てていきます。組み立てる順番は、現場によって多少異なります。

STEP4

固め・立て入れ直し

コンクリートを流し込んでも枠が壊れないように、鋼管等で固めていきます。その後、柱、壁の倒れを補強補正するために、サポートとチェーンを使って固定します。

STEP5

コンクリート打設

コンクリートを型枠に流し込む際、型枠に異常がないかを点検します。打設の終わったところから精度を確認し、悪いところは是正をしていきます。

STEP6

型枠外し(解体)

型枠の中に流し込んだコンクリートが固まったら、型枠を外していきます。外した型枠は転用しますので、できるだけ傷めないように慎重に取り外していきます。

STEP7

仕上げの墨出し

型枠を外し終わった後、仕上げの基準となる墨を出します。

型枠工事の流れ

型枠工事の流れ